P2P

【 検証 】マリンベイ(MARINE BAY)|P2P投資案件は詐欺なのか?

マリンベイ
安全性
取引通貨
ユーザー増加対策
アイテム実装
運営のバランス

 

最近、流行しているP2P投資案件。

この記事では「マリンベイ(MARINE BAY)」というP2P投資案件について解説します。

 

マリンベイ(MARINE BAY)とは?

マリンベイ(MARINE BAY)とは、 仮想通貨(USDT)を利用し「SHIP(船)」と呼ばれるアイテムを個人間(プレイヤー同士)で売買するP2Pマッチングプラットフォームです。

マリンベイ での取引には「バイナンス」への登録が必要です。

バイナンスのアカウントを持っていない方は、下記よりアカウントを作成して下さい。

≫ バイナンス|P2P投資案件に必要なUSDTが使える仮想通貨取引所の登録方法

 

価値が上がるアイテムを転売し続けるのが、P2P投資案件です。

Peer to Peer(ピア・トゥ・ピア または ピア・ツー・ピア)とは、複数のコンピューター間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式、通信モデル、あるいは通信技術の一分野を指す。P2Pと略記することが多い。

出典:ウィキペディア

 

P2Pプラットフォームというと少し難しいですが、「SHIP(船)」と呼ばれるアイテムだけを売買できるメルカリのようなイメージです。

メルカリは、「売りたい」と「買いたい」を繋ぐプラットフォームです。

このマリンベイ(MARINE BAY)も、「売りたい」と「買いたい」を繋ぐプラットフォームなので、似たような仕組みですね。

 

マリンベイ(MARINE BAY)の仕組み

マリンベイ(MARINE BAY)は、SHIPと言われるアイテム(商品)を購入・転売し利益を得る仕組みです。

まずは、マリンベイ(MARINE BAY)の資料を引用して、仕組みを解説します。

 

ゲームの流れ

  • 抽選に応募する
  • 当選したらSHIPを購入する
  • SHIPを保有する
  • 自動的に売却される

 

ステップ ①:抽選に応募する

マリンベイ(MARINE BAY)のアイテムを購入する為に、抽選に応募します。

抽選というシステムがあるので、すぐにマリンベイ(MARINE BAY)のアイテムを購入することは出来ません。

 

ステップ ② :当選したらSHIPを購入する

当選したらSHIPを購入します。

今回は、「Green Ship」で説明します。

Green Ship
規定期間 5日
収益率 12%
価格 $300 〜 $1,043

マリンベイ(MARINE BAY)の「Green Ship」と呼ばれるアイテムは、5日後に12%価値が上がるという仕組みです。

なぜ価値が上がるのか?という疑問はあると思いますが、価値が上がる前提で作られているからという答えになってしまいます。

 

ステップ ③ :SHIPを保有する

マリンベイ(MARINE BAY)の「Green Ship」というアイテムは、規定日数が5日なので、5日間保有します。

アイテム毎に規定日数は違います。

 

ステップ ④ :自動的に売却される

Green Shipの価値変動
購入価格 $300
販売価格 $342
($300の12%増)
利益 $42

Green Shipは、5日で12%価値が上がります。

Green Shipを$300で購入した場合、5日後には$342になり、差額の$42が利益になります。

マリンベイ(MARINE BAY)のアイテムは、購入希望プレイヤーに自動で売却されます。

規定期間が終わると「SHIP」は自動的に購入希望者とマッチングし、利益を得られます。

 

船(SHIP)の種類

  • Yellow Ship
  • Green Ship
  • Blue Ship
  • Red Ship

マリンベイ(MARINE BAY)のShipは全部で4種類あります。

 

Yellow Ship

Yellow Ship
規定期間 4日
収益率 10%
価格 $100 〜 $505

 

Green Ship

Green Ship
規定期間 5日
収益率 12%
価格 $300 〜 $1043

 

Blue Ship

Blue Ship
規定期間 6日
収益率 14%
価格 $500 〜 $1426

 

Red Ship

Red Ship
規定期間 7日
収益率 18%
価格 $700 〜 $1889

 

マリンベイ(MARINE BAY)のリスク

  • 売り手と買い手のバランスが崩れる可能性が高い
  • 特商法の記載がない

マリンベイ(MARINE BAY)という案件の注意すべき点、考えられるリスクに関して説明します。

 

売り手と買い手のバランスが崩れる可能性が高い

マリンベイ(MARINE BAY)が続いていくには、ユーザー数の増加が命となります。

その理由は、売り手と買い手のバランスを保つ必要があるからです。

 

マリンベイ(MARINE BAY)のアイテムは、必ず価値が上がる仕組みになっています。

では、価値が上がりきった場合は、どうなるのか?

「Green Ship」を例にすると、最大価格を超えた場合、「Green Ship」が4つに分裂します。

その4つの「Green Ship」が最大価格を超えた場合、また4つに分裂し16個の「Green Ship」が出来上がります。

このように、「Green Ship」が増え続ける仕組みになっています。

 

最初のうちは売り手と買い手のバランスが取れているので、運営の問題はないかもしれません。

しかし、ユーザーが増えずに、「Green Ship」だけが増え続けた場合、正常に運営出来るのか?

私の予想では、答えはNOです。

必ず価値が上がるので売り手は必ず増えますが、買い手(新規ユーザー)が増える保証はありません。

このように、売り手と買い手のバランスが崩れる可能性が高い点はリスクの1つです。

 

特商法の記載が無い

マリンベイ(MARINE BAY)の公式サイトには、特商法の記載がありません。

特商法とは、下記のようなものです。

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:消費者庁

 

つまり、消費者を守るルールが無いと同等なので、かなり危険です。

もしマリンベイ(MARINE BAY)に参加する方は、このリスクも承知の上でご参加ください。

 

まとめ

この記事では、マリンベイ(MARINE BAY)に関して説明してきました。

投資にリスクはつきものですが、マリンベイ(MARINE BAY)にはリスクが多すぎます。

ちなみに私は参加しません。

リスクを背負って参加する方は、ご自身で調べて参加してください。

当サイトでは、紹介URLの発行は致しません。

 

当サイトでは、P2P投資案件のオススメランキングを作成しています。

他のP2P投資案件に興味のある方は、下記もご覧下さい。

【2021年版】P2P投資案件ランキング|オススメ案件を一挙公開!

 

P2Pオススメランキング

 

LUC888
評価 24点/25点 
良い点 バカラゲームでの実績があり、既存ユーザーがいるので、ユーザーの増加が見込める。

ゲーム内でアイテムを使用できるので、アイテムが減る要素もある。

他のP2P案件と比べて、運営が飛ぶ可能性が低い。

悪い点 2021年3月にプレオープンするので、P2P案件の実績は無い。
一言 私自身、この案件に1000万円を投資しました。

オープン後に実績を公開します。

 

詳細ページ

 

マリンベイ
マリンベイ
評価 15点/25点 
良い点 P2P投資案件の中で、初めて仮想通貨を使用した。

外部ウォレットである「USDT(テザー)」を使用するので、運営が持ち逃げするリスクが比較的低い。

悪い点 一時期、取引が停止されていた。

アイテムが減る要素がないので、運営が出来なくなる可能性がある。

一言 ランキングは2位ですが、1位との差は歴然。

私は、この案件には参加しません。

 

詳細ページ

 

トレジャーボックス
トレジャーボックス
評価 12点/25点 
良い点 運営の対応は良い。
悪い点 自社開発の内部ウォレットしか使えないので、運営に持ち逃げされるリスクが高い。

アイテムが減る要素がないので、運営が出来なくなる可能性がある。

一言 参加する価値無し。

 

詳細ページ

 

4位以下のランキング
ゴッドソード 12点/25点
ゴールドラッシュ 11点/25点
ジュラシックファーム 9点/25点
ポケットアクア 7点/25点
ビートルキャンプ 6点/25点
エクスカシーファーム 5点/25点
バトルチョイス 5点/25点

 

【2021年版】P2P投資案件ランキング|オススメ案件を一挙公開!